アパレル業界に飛び込む~派遣の仕事をハッケーン~

給料が高い

フォーマルなスーツ

アパレル業界で働きたいと考えている人は多く、雇用形態も様々な人が同じショップ内で働いているということも珍しいことではありません。正社員や契約社員、派遣やアルバイトなど、ほかの仕事と同様にアパレル業界にも雇用形態があります。各々の契約内容は雇用形態によって大きく異なり、求人に応募する際には自分に適した条件かを調べることが大切となります。雇用においても人気が高い正社員ですが、アパレル業界でも正社員はほかの雇用形態と比べて安定していると言えるでしょう。給与面では、勤続年数に応じ昇給制度が設けられていることが多く、ボーナスがあることが一番の魅力です。社会保障や福利厚生がしっかり整っており、企業によっては特典をつけている企業も存在しているでしょう。また、正社員は社会的にも信用度が高く、世間的にも印象が良く見られる傾向があります。契約社員は勤続期間が定められており、給与の条件も契約によって決められています。契約が満了となる場合と、契約を延長して働く場合があります。近年ではデザイナーやパタンナーなども契約で雇用しているアパレル企業が増えています。専門的なスキルを有していることで給与が高くなることもあり、正社員へのキャリアアップも可能でしょう。

派遣雇用がアパレル業界でも特に販売職に多く見られます。好きなショップやブランドで働くことができ、転勤などの必要もないため一店舗に力を注いで働くことができます。残業などといった時間的な拘束も少ないため、自由な働き方をすることができます。ライフスタイルやスキルを考慮して働くことができ、アパレル業界が未経験の場合には派遣会社で研修を行うことで知識を身に付けることができます。サービス残業をする必要もないため、勤務時間に応じた給料を貰うことができます。派遣社員は正社員と比べ評価がされにくいと感じる人もいますが、アパレル業界では雇用に関係無く評価を行ってくれるのでキャリアを積むことができます。給料も良く、正社員として働く場合より高いこともあります。ボーナスなどはないですが、総合的に見ても正社員より低い扱いを受けるということはありません。近年、アパレル派遣の求人への需要も増えていることからも窺い知ることができます。